FUJIやCOLNAGOを扱うアキボウの2020NEWモデル発表会。

日本でFUJIといえばピストやクロモリ系ですが、海外でFUJIといえばロードバイクです。コスパは非常に高く、フラッグシップモデルのSL1.1はフレーム&フォークでわずか1.1kgのカーボンフレーム。これで260,000円(税抜き)はかなりのパフォーマンス。カr-オーダーのREMIXにも対応しますのでオリジナルカラーに塗装するのもいいでしょう。

エアロロードもあります。トランソニックDISC、フレームセット340,000円(税抜き)。

いやいやFUJIはTRACKでしょう。

チームUKYOのバイク。昨年はこのカラーでREMIX注文が多かったそうですよ。当店でも承れます。

新作のスチールバイク、FOREALはコロンバスのクロモリパイプを使った限定モデル。フレームセットと完成車での発売で100台限定です。

でも最近のFUJIといえばJARIやシクロのアドベンチャー系でしょう。

クロモリパイプのJARI2.3は一番リーズナブルで118,000円(税抜き)。近年話題のツーリングバイクは太目タイヤのクッション性で段差や砂利道も快適に走行でき、スピードもロードバイクほどではないが風をきる気持ちの良いスピード感は十分体感できます。車体にたくさん荷物を積めるようにネジがたくさんついてるのもこのバイクの特徴。

オフロードもしっかり走れるセミブロックタイヤ。意外にオンロードでも快適。

フェザーCXも似たようなコンセプト。ホリゾンタルフレームで昔ながらの雰囲気。

ジャリは担げるように肩当ても付属。

バイクパッキング例。こんな感じで1dayツーリングにピッタリのバイク。競わない急がない自分スタイルの時間を大切に。

昨年も好評だったNAOMI。シュッとしたデザインでクール。三角の大きいフレームは昔っぽくなりがちですが、太目のアルミフレームで今っぽく仕上げてあります。

新色ミスティックブルーは変化するマジョーラカラー。

当店一番人気のフラットバーロードルーベオーラが名称変更でMADOCAPになりました。大きな変更はなさそうです。

シルバーミラーは今年も人気有りそう。

スタンダードクロスバイクのRAIZは継続。

フレームサイズ15インチは身長140くらいから乗れそうな小ささで女性や中学生くらいの子にも人気です。

FUJIはJRバイクも精力的。24インチや650cロードもあります。

FUJIで気になるモデルありましたら是非ご相談くださいませ。

セオサイクル鮫洲店

沼尾