ロードはイタリア。そう思っている方も少なくないと思います。アジア生産が主流になっている現在、お国で品質がどうこうというのは遠く過去の話なのでイタリアが良い、いやアメリカだというのはもう話題にすらなりません。それでも欧州イタリアの自転車とワードででるのはおそらくそのメーカーやそのバイクがもっているデザインや雰囲気。これに尽きるかと。

ビアンキやジオスはそんなイタリアを身近に感じさせるブランド。チェレステに対してジオスといえばブルー、勝利に導くWINNING BLUE。このカラーもジオスと一目でわかるブルーです。

The Beauty of Italian Design

そんなジオスの10万アンダーロードバイクがシエラ。ミストラル同様、情熱的なデザインと高いコスパが魅力のアルミロードバイク。

異形アルミパイプで構成されたフレームは今どきの曲線を意識したスタイルではなく、古くから愛されるストレートな作り。逆に速さと強ささえ感じさせます。

ストレートフォークが多い昨今、ベンドフォークは新鮮。もちろんカーボンフォークです。

このヘッドバッチがカッコイイ。

バーエンドキャップにもGIOS

フランスやイタリアの3色旗はなんでこうもカッコよく見えるんでしょうね。ちょっとズルい。このカラーをベースにしてカスタムパーツを差し込みお洒落な自転車にしていくのも楽しい。

コストパフォーマンスの話。スポーツバイク一般的にシマノパーツを採用するほど価格は上がり納期は不安定になり、メーカーとしては頭が痛いネタが増えますが、ユーザーや販売店はシマノがついてるといいね!をくれます。そんなシマノのホイールが純正装備。この価格帯にはほぼ無いでしょう。

そしてシマノクラリス。2x8ギア。

他メーカーではコスト合わせのためシマノ以外を使うモデルが多い中、GIOSはクランクもシマノクラリス。ギアチェンジ性能と耐久性がグンと上がります。

ブレーキも・・・と言いたかったですが、ここがシマノではありませんでした。ブレーキ性能に不満が生じたらシマノの変えましょう。

タイヤはイタリアらしく同じイタリアンブランドのビットリアタイヤ採用。なんかうれしいですね。

ジオスブルーの次に人気なのがブラック。定番です。

GIOSロゴたくさん。ちょっと多過ぎなくらいです。

サドルやピラーにもGIOS・・・

後ろから見てもGIOS・・・

ペダルはお好みで選べるようにペダルレス。別途購入が必要です。

サイズは3サイズ。重さ9.6kg。

ファーストロードにおススメ中。

メーカー希望小売価格
税抜き 89,800円
税込み 98,780円

色違いサイズ違い等、店頭にない商品もお取り寄せできます。
在庫確認等お気軽にお電話ください。

03-6433-3263

セオサイクル鮫洲店 沼尾 地図>>